超音波、心電図、動脈硬化指標など統合システム化

超音波、心電図、動脈硬化指標など統合システム化

ワイヤレス 携帯 連続 動脈硬化指標

2015年2月13日金曜日

12誘導心電図の持たらす効用

「12誘導心電図の持たらす効用」の研究ご賛同者募集 心電図の計測の簡便化をICTを用いて技術面から検証、効用を検討する、 1、何処でも、何時でも、誰でも、測定可能 2、測定すると、センターで記憶、 3、何処でも、何時でも、誰でも、呼出せる 4、二重三重の測定が避けられる 5、他の方法や診断や投薬や処置などのより適性を保証する、 6、病診連携がより適性化される、 7、再来の場合、過去との対比で、より適性化が図れる、 8、医療機器の有効利用が期待できる、 9、複数の専門医がほとんど同時に診断できる、例えば、冠動脈、不整脈、心臓外科、 高血圧、腎臓、透析、脳血管、肺、呼吸、血管外科、集中治療、救急、麻酔など、 10、投薬の適性化、あるいは、創薬の一助のデータの提供、 11、在宅ネットとの連携が期待できる、 メディカルテクニカまで、 Email gelertduna@gmail.com 電話048-929-0168

0 件のコメント:

コメントを投稿