超音波、心電図、動脈硬化指標など統合システム化

超音波、心電図、動脈硬化指標など統合システム化

ワイヤレス 携帯 連続 動脈硬化指標

2013年7月17日水曜日

補助金 助成金 寄付金 奨励金 交付金

週刊ダイヤモンド2011年4月16日号では「電力喪失~もはや原発には頼れない?」という特集が組まれている。 特集では、計画停電の実態、電気価格メカニズム、電力会社と行政、政治の癒着構造、電力再編案、原子力関係予算、原発立地自治体への原発補助金、ポスト原発のエネルギー源などが扱われている。特に興味深かったのは、原子力関係予算と原発立地自治体への原発補助金の実態だ。 原子力関係予算については、一般会計では1169億円、特別会計では3161億円とのこと(いずれも23年度)。うち1180億円が電源立地地域対策交付金として周辺地域にばら撒かれているという。特集では、原発立地地域に対する補助金のモデルケースも示されていて、建設費用4500億円の最新型の原発を誘致すると45年に渡って2455億円が落ちる仕組みになっているという。うち着工から運転開始までの7年間に受け取る額は434億円だという。 この補助金メカニズムを見ると、原子炉を一基受け入れた自治体が麻薬のように新しい炉を受け入れ続ける理由が良く分かる。

0 件のコメント:

コメントを投稿