超音波、心電図、動脈硬化指標など統合システム化

超音波、心電図、動脈硬化指標など統合システム化

ワイヤレス 携帯 連続 動脈硬化指標

2011年6月14日火曜日

心電図の変化を診ることの大切さ

心電図の変化を診ることの大切さ
どうして心電図の変化を診るか?を簡単に述べます。

心電図測定は、簡単ですが、一般的には、現在の心蔵の状態を診るのに、または既往の心臓病を有している場合に、医療機関で行われます。

胸、腹部、または四肢の表面に電極を配置することにより、心臓から発する電気信号を記録した図が心電図です。この電気信号のパターンは、心臓の電気的活動を含む多くのことを、表示しています。一般的に、12誘導心電図を指します。
一誘導や三誘導や四誘導などでは、心臓を正確に診断できません。

心電図変化は、さまざまな理由で発生します。この心電図は、また、病気を診断するのに用いられます。

例えば次のような場合には重要です。
冠動脈疾患を有している場合。
体内の特定の部位の血流の減少(例えば、高血圧または低カリウムレベル)、体内で化学的又は電解質不均衡がある場合。
過去に心臓手術を受けている場合、または、現在、心臓疾患が発生している場合。
心臓が拡大している場合。
不規則なリズムが発生している場合、それによる障害が誘引されている可能性があります。

心電図が、不規則な心拍やリズムを示している場合、これを心電図変化と呼ぶことがあります。
通常、健常者でも、一日を通して、心電図の変化に気づいていないことがよくあります。
心電図変化の種類によっては、さらに調査する必要がある場合があります。
心電図変化があるときは、特定の症状を誘発することがあります。
化学療法や投薬治療により、何の症状もない治療中に、あなたの心臓を監視するのに
心電図測定をすることができます。

心電図変化と関係があるかもしれない、発生する可能性のあるいくつかの症状があります。
過労、または軽度の疲労の可能性があります。
軽い咳や慢性の咳が原因の場合があります。
行動中に、息切れが発生することがあります。これには、階段を登る時に多く発生します。
就寝中に息切れで、夜中に目を覚ますする場合があります。
足や足首が、異常に腫れる場合があります。
水を飲みたくなり、満腹感を感じる場合があります。
心臓の動悸を感じる場合があります。
胸部に、軽度の不快感、耐え難いほどではないかもしれない胸の痛みなどを感じる場合があります。

ここで、一番怖い疾患は、突然死です。なんの前触れも無く、心臓が停止する場合です。
しかし、一般的には、必ず、何らかの前触れ的症状が見られると言われています。
平時の心電図検査が重要です。

医師の診察では、必ず、服用している(店頭、ビタミン、ハーブ療法を含む)薬について、医師だけでなく、すべての医療プロバイダに報告することが大切です。
更に、医師または医療提供者に、糖尿病、肝臓、腎臓、心臓疾患の既往がある場合は報告する
ことが大切です。
また、第1、第2度近親者に心臓疾患、脳卒中、高血中コレステロールや高血圧の家族歴がある場合は、報告しなければなりません。
タバコを吸う場合、必ず禁煙してください。
最適な心臓のレベルを維持するためには、適当な運動をしてください。特定の運動プログラムを作成することも場合によっては必要です。

下記は専門的過ぎるので翻訳しません。
ACE inhibitors - These drugs work by opening, or dilating, your arteries. They will lower your blood pressure, and improve blood flow to your kidneys, and through out your body. Your healthcare provider may also prescribe these medications if you have diabetes or protein in your urine, to protect your kidneys. You may receive these medications if your ECG changes are due to a cardiovascular event, or heart failure. Some examples of this medication may include: enalapril maleate (Vasotec®), lisinopril (Zestril®), and fosinopril sodium (Monopril®)
Anti-anxiety medications: If your symptoms are due to anxiety, your healthcare provider may prescribe an anti-anxiety medication, called an anxiolytic.  These medications will help you to relax. These may include lorazepam (Ativan®), or alprazolam (Xanax®). It is important to take these medications only when you are feeling anxious. Do not operate heavy machinery, or drive an automobile while taking these. If these medications do not control your symptoms, discuss this with your doctor.
Beta-blockers - These drugs can be used to slow down your heart rate, and improve blood flow through your body. You may take this drug if you have been diagnosed with irregular heartbeats on ECG, or high blood pressure. Some examples of this medication may include: metoprolol (Lopressor®), propranolol (Inderal®), and atenolol (Tenormin®).
Calcium Channel Blockers - These medications may be given to treat chest pain, high blood pressure, or irregular heart beats. A few common drugs include verapamil HCL (Calan®), and diltiazem (Dilacor XR®).
Diuretics - These drugs may be known as "water pills" as they work to prevent heart failure by making you urinate out extra fluid. You may be given this medication if your ECG changes are due to fluid accumulation or heart failure. Some examples of this medication may include furosemide (Lasix®), and hydrochlorthiazide. You may receive this medication alone or in combination with other medications.
Digoxin - Also called digitalis, this medication works by slowing down the heart rate, and making it beat more effectively. This will pump blood through out the body better. You may receive this medication if you have certain types of irregular heartbeats or ECG changes. It is also called Lanoxin®.
Do not stop any of these medications abruptly, as serious side effects may occur

0 件のコメント:

コメントを投稿