超音波、心電図、動脈硬化指標など統合システム化

超音波、心電図、動脈硬化指標など統合システム化

ワイヤレス 携帯 連続 動脈硬化指標

2011年6月8日水曜日

重症患者、或いは、救命救急を要する患者に対するバイタルサインの監視

重症患者、或いは、救命救急を要する患者に対するバイタルサインの監視

A, 現状
1、 英国での実際データによる文献
病院内で、約2万3千人がバイタルサイン監視なくて、救われていない
集中治療の場合、約2万人が、コスト高で、入室できず、救われていない。
約四時間から六時間の連続バイタルサインの監視が必要な場合である。

2、 豪州での実際データによる文献
病院内で、約半分の死亡は、バイタルサインの不十分な監視とその対処が
不十分と報告されている。
MEWS(改良された早期警告因子)は、不十分なバイタルサイン監視から
生じる院内死亡や、合併症発生をできるだけ減少させる為に考案された。

3、 英国での実際でーたによる文献
2005年国立患者安全機関が報告した576人の分析で、その内の11%が、
症状悪化を認識されなかったか、或いは、対処されなかったと判明した。

B、上記を避ける為の標準的医療
生体異常が検知できる時間は、最低でも、集中治療室では、12時間の
バイタルサイン監視が必要

C、ケアテイカによる、上記に対する提案
1、観血式血圧監視の85%を、代替が期待される
2、患者と表示器の間に電線や、カテーテルが無いので邪魔にならない
3、血圧、心拍数、場合により、呼吸数が連続監視できることが期待できる
4、トレンドグラフで、患者様態の悪化等を監視できることが期待できる
5、従来の複雑な、大掛かりな装置が必要でなくなることが期待できる
6、全体の価格がドラスティックに安価で構築できることが期待できる

0 件のコメント:

コメントを投稿