超音波、心電図、動脈硬化指標など統合システム化

超音波、心電図、動脈硬化指標など統合システム化

ワイヤレス 携帯 連続 動脈硬化指標

2010年6月7日月曜日

ケアテイカの最新文献

00416-2010
内出血中のデジタル化動脈波形の波形成分分解解析
Martin C. Baruch, PhD **, Darren E. R. Warburton, PhD*, Shannon S. D. Bredin, PhD*, Anita
Cote*, David W. Gerdt, PhD **, Charles M. Adkins, PhD *
中心部血流量の経時変化のマーカーとして、出血の検出と、出血性ショックの発症とを、 非侵襲的に検出することが求められた。最近の研究により、血圧波形が、このようなマーカーを示唆していることが判明した。血圧と血圧波形が、特に、脈圧波分析の新しい方法の波形分解分析と呼ばれる方法に基づいて、新しく提案示された。(PDA)。 PDAのモデルの前提は、次のようになる。末梢動脈圧の波形は、ちょうど5個の成分の圧力
波形の重ね合わせである、その最初の成分が、左心室駆出波形である。 残りの成分の圧力波形は、反射成分と再反射成分が重ねられる。
ここに検討したPDAパラメータT13は、最初と3番目の成分間の遅延で、血圧値と相関している。 T13は、血圧と同様に、自動カフタイプと、連続血圧モニターで、下半身によって測定された。 T13と脈圧の間に統計的に有意な相関関係が観測された。 測定から、動脈圧波形の源と組成についての新しい物理モデルが立証された。

0 件のコメント:

コメントを投稿